FC2ブログ

60歳までのカウントダウン

幸せなシニアライフを目指す!

tokko

台風に備えて

避難場所

今週の火曜日以降、台風6号が西日本にかなり接近との予報が。


普段の係留場所は風向きによっては、被害に遭うかもしれないと
念の為、夫が昨日の午後、台風時の避難場所へボートを移動しました。


入り組んだ入江の、またその奥に入り込んだ静かな避難場所。
山に囲まれ風の影響が少ない場所です。
夫が碇をもう一つ増やしたりしたそうですが
なかなか手こずったようで
熱中症手前のような疲労困憊の姿で帰ってきました。


最近の気候は、私たち人類に対して攻撃しているかのようです。
地球の怒りみたいなものを、無意識のうちに誰もが感じているのではないでしょうか。

これから台風の進路に当たる全ての場所に
被害がないことを祈るばかりです。





にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 人生を楽しむへ

エアコン修理は過酷

 前回、草刈りで海辺の家に行った日の晩、
夫の部屋のエアコンが壊れてしまい
急遽、エアコンの修理をお願いすることとなりました。

業者さんは土曜日の午前中の早いうちに来てくださるとのことでしたが
何せナビでもきちんと案内してもらえない僻地のため
到着は11時を回っておりました。

結局、エアコンは基盤の交換になったのですが
相変わらずの晴天でエアコンの室外機はちょうど東側にあり、
日光を遮るものがなく、暑さの中大変な作業だったと思います。

エアコンの修理依頼は本当に多いそうですが
1日に4〜5軒が限界で、
冬はストーブやヒーターの代替品があるから
そんなに辛くはないけれど
夏はエアコンが止まった部屋や、
室外機のある外での作業だから
本当にしんどいと言われてました。

夫と私で交代で傘を差しかけて日陰を作り
冷たいお茶を何回かに分けて差し上げ
小一時間で終了しましたが、みんな汗だく。
業者さんはすぐに次の現場へ発たれました。

うちのエアコンは、リビングだけ10年保証にしていて
その他の部屋は5年保証だったので
請求は¥29,150とのこと。
ちなみに技術料¥11,600
出張料¥4,000
部品代¥10,900
と消費税。

痛い出費ではありますが
一部始終を見ていたら
決して高いとは言えません。

おかげでその晩、夫は快適に休むことができました。
感謝です。
エアコン修理




 

  にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へにほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村

兄弟・姉妹は必ず仲良くなければいけないのか?

私は、実の姉が本当に苦手です。

一つ年上の姉は、母の住まいに近い県営住宅に
甥っ子と二人暮らしで、
甥っ子はアスペルガーとの診断を受けていますが
介護福祉士の資格も取り、高卒からもう10年介護施設に勤めています。

姉はその甥っ子の仕事の送り迎えもしており、
(甥っ子は自動車免許も取っています。)
甥っ子の夜勤や早朝勤務の不規則な仕事に合わせて
世話をしながら、自分も仕事をしています。
だから常に疲れています。

姉は週3回、母の透析終わりの迎えをしてくれています。
姉の仕事がお休みの第2・第4土曜日は私が行っています。
最初は、
「どうせ帰り道だから」
と言ってくれてましたが
「私ばかり月に10回以上迎えに行っている」
となりました。

ただ、他のことはほとんど全て私がやっています。

母の申請手続き全般、平日の歯科医やワクチン接種の付き添い
介護計画のための会議出席、
市営住宅引っ越しの件では、抽選から手続き、引っ越し作業。
週3回の透析日には、病院に併設しているデイサービスから
朝お迎えが来るので、送り出してから掃除や食事の準備。

夫に言わせれば、
「私ばかりが母の世話をしている」
ように見えるそう。

それぞれ、できることをすれば良いだけの話ですが…

甥っ子は体も強くないので
本当に心配なのでしょう。
「この子は、30歳が成人と思って接している」
と言っています。

ただ、私から見たら、甥っ子を信じられずに
管理している風にしか感じられません。

昔から愛嬌が良くて、顔立ちが綺麗だったため
根暗の私に比べて、親戚の中でもアイドルのようでした。

自分が正しいと思ったことは、年上でも年下でも
容赦なく言い負かすほど弁が立つ人です。

そして感情の起伏が激しく、すぐに泣きます。

姉との間にも様々なことがあったのですが
ひどく気を遣いながら接しています。


仲の良い姉妹の方々のお話など聞くと
本当に羨ましいのですが

母が亡くなったら、姉とは距離を置きたいのです。
できれば、関わりたくない。

そんなこと考える私は間違ってるんでしょうか。

デイサービスへ
朝、デイサービスのお迎えの方と。





 

  PVアクセスランキング にほんブログ村

ソウルメイトな夫

  中学生の頃、「月刊ムー」の超が付くほどのファンでした。

UFOや超常現象や雪男や超古代文明!!
ワクワクして読んでおりました。
(夫は全く関心ない人)

子供はもともと親を選んで生まれてくるのだ、とか
ソウルメイト・魂の伴侶も
信じているというか、あるんだろうな、と受け入れています。

そして、どう考えても私の魂の伴侶は夫なのです。
仕事でも家でも四六時中、顔を突き合わせていても
話すことが尽きなくて
どちらもお互いに姿が見えないと、トイレまで探してしまう…😝
考えてることは顔を見ればなんとなくわかるし
人として尊敬してるし、私のマイナスを補ってくれるし。
何度、夫に救われたことか。

バカップルと言うなかれ
ソウルメイトなのです。

そこで最近、夫に提案してみました。

これほど気が合う夫婦なのだから
もしかしたら、テレパシーを使えるようになるかもしれない、と。
だから毎日、訓練してみよう!!

「今から私が思い浮かべた数字をあなたに念じて送るから、頭に浮かんだ数字を言って!」

隣でニヤニヤしながら聞いていた息子が、夫より先に答えました。
3!!
「えー!なんでわかったー?」

その後、一つも当たらなかった夫。
あきらめません。訓練訓練😅

夫の似顔絵  私の似顔絵

4歳の画伯に書いてもらった私たちの似顔絵です。
おにいさん、おねえさんというとこに、子供ながら忖度が…



月刊ムー書評大全 [ 星野太朗 ]

価格:2,640円
(2023/7/31 17:23時点)
感想(0件)

PVアクセスランキング にほんブログ村

湾内アングラーのボート変遷③プレジャーボート

プレジャーボート

 夫は、静かに企んでいました。

自宅で夜な夜な太いロープを持って、
何やら色んな結び目を作り、
何回も何回も結んでは解き、結んでは解き
そして仕事を3日間放棄…


とうとう船舶免許を取りました。

5年前の2月でした。
その時の教官が特にロープの結び方に厳しい方だったそうで
ロープの結び方ができないようなら資格なしと…

毎日健気に自宅で予習復習をしていた訳です。

それからしばらく仕事の合間に、足繁くマリンショップに通っていたようで
最初に打診されたのは、なんと300万円超えのプレジャーボートでした。

もちろん私的には却下でしたが(車にさえそんなお金はかけてない!)
そこは「何事も諦めない」が信条の夫のこと

風そよぐ海辺のマリンショップに私を何度も連れて行き
高価なボートを見せたり、試乗体験に誘ったり
少しずつ少しずつ説得と落とし所と妥協点を詰めていき

メンテナンスや管理や係留場所の確保、
係留の仕方や錨の準備も、独学で着々と問題をクリアし、
台風の時の避難場所まで探し出し、
とうとう150万円の中古のプレジャーボートの船長の座を手に入れたのでした。

その行動力と執念には尊敬しかありません。


小さな6人乗りのボートですが、夫にとっては可愛い娘のような存在です。

夫のおかげで一人だったら絶対できなかったであろう経験をさせていただいています。
この子は今は私たち湾内アングラーの大切な相棒です。

写真の手前のこぢんまりとしたボートです🚤


 

PVアクセスランキング にほんブログ村