FC2ブログ
tokko

義両親のちょっぴり断捨離 

 お墓参りからの朝マックを堪能した後、
ほとんどが義両親のテリトリーである1階の和室と
そこに隣接するサンルームの片付けに着手しました。

まずは夫と二人で
「何かお手伝いすることや、片付けなどがあれば…」
と。

10年ほど前、サンルームを増設する時に
義父から夫に費用の負担を持ちかけられたのですが
「絶対に義両親の荷物でいっぱいになって
自分たちがサンルームを使うことはないだろう。」
と夫が拒否したため、私たちはサンルームに関しては
全くのノータッチでしたが
久々に立ち入ってみると、夫の言ってた通り
不要な物で溢れた物置と化していました。
多分、掃除機も遥か昔にかけたきり…


「義母は片付けが下手で」
と仰る義父は、昔、義母が捨てたポットを
「まだ使えそうなやつが捨ててあった」
と言って拾ってきたという逸話があります。

モノのない時代を生きてきた人達だから
“勿体無い“  “まだ使える“  “いつか必要“
こんな呪文をずっと唱え続けて
モノに溢れた今の時代の魅力あるモノに翻弄され
新しいモノを手に入れても、古いモノを手放せない。

そして体も年をとり、片付けすら思うようにできない。

和室でもお客様用に出した布団が置かれたまま
新聞があちこち何かのために使われ
たくさんの紙袋や空き箱や紐や古布
押し入れの中も整理して
夫は圧縮袋もフル活用。

義母に見てもらいながら分別して
少しですが和やかに断捨離ができました。

しかし、まだまだ片付けは続くのでした。



にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
 

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 人生を楽しむへ

にほんブログ村 


 

tokko
Posted bytokko

Comments 0

There are no comments yet.